家庭教師と契約


個人契約で対応している家庭教師について、契約を行う時には紹介会社を一切通さないで直接契約を進めていくことになります。家庭教師は紹介している会社より報告書などを提出しないため、その時間を短縮していくことができます。授業に集中していけるのはメリットとなっており、時給や日程調整といった点でも個人契約をしている家庭教師と直接相談していくことができるため、融通が非常に利きやすくなっています。常に忙しく、小学生の子供の宿題などを見ていくことができないという家庭においては、大きなポイントになってきます。

他にも家庭教師では学生が行っている家庭教師であったり、プロの家庭教師といったものがあります。特徴をしっかりと掴んでいき、内容を踏まえながら小学生の子供に合った先生を探していけるようにしましょう。

学生の家庭教師というのはアルバイトとして働いていることが多く、授業料が安いという点が特徴となっています。小学生の子供と年が近いため、これから受験を控えている時には実体験などを聞きながらモチベーションを上げていくことができます。しかし経験が浅いので、生徒に合わせながらカリキュラムを組むのは難しいです。プロの家庭教師だと経験豊富ですが、費用が多くかかってしまうこともあります。しかし得意分野や不得意分野についてしっかりと分析していき、克服することができるでしょう。